ヨーロッパのパリで日本文化の何が流行ってる!?

ラジオ書き起こし

パリで日本の何が流行ってる!?2つのトピックを軸に、話をします。

こんにちは
パリのアパルトマンからお届けします。
フリーランスのSAKIです。
このラジオでは私SAKIがパリ生活やビジネス、読書で学んだ事を毎朝10分配信しています。
皆様、お元気ですか?

私はバイヤーのコンサルティングをやってるんですけど、そのSkypeのグループミーティングが終わったところです。
いつもそのSkype終わったら、やってる時と終わった後のエネルギーがすごい出てて、今、有り余ってるみたいな状態です。

メンバーの皆さんとお会いするのもすごい楽しいですし、話して色んな事を意見交換したりとか、お伝えしたりとかして、すごく楽しくやってます。
もうすぐ、今月で終わるんですけど、寂しいです。すごく寂しいです。

来年新しい事をやろうと思っていて、今もバイヤー業務ですとか、コンサルティングとかもすごく楽しいし順調なんです。
でも、それを全部ゼロにするってすごい勇気いります。

楽しいから何回も引き戻りそうになるんですけども、やっぱりバイヤーっていうのもやって、それもパーソナルバイヤーという形でBUYMAというプラットフォーム上でやってみて、
海外で、スキルとかコネクションとかワークがすごい堪能とかじゃなくても、生活が出来るようになるって事を実感して、皆さんにもお伝えする事が出来て、
次の自分のやりたい事としても、お見せ出来る姿としても、次のステップにいくっていう事が今やるべき事なのかなって思っているんです。

 BUYMAはAKBと同じシステム!?ファーストビジネスに最適

 

私がもし、「ファーストビジネスとしてすごくいいですよ。」って言ってて、ずっとそこに留まってたら
「あれ?ずっと未来の自分の姿って一生このバイヤーをやる事なんかな?」みたいになるかなと思ったんです。

 

BUYMAの次のステージがあるっていう所を、やりたいなって思ってるんです。
BUYMAってショッピングが好きでバイヤーとして極めてっていう人もいると思うんですけど、どっちかって言えば生活にプラスアルファで収入源になるとか、
ビジネスの基礎を学ぶとか、そういう事を目的にやってる方が多いんです。

言ったらAKB的な。 AKBってなんかAKBになるのがみんな目的じゃなくて、その先の「モデルになりたい」とか「女優になりたい」って
いうところの通り道としてAKBっていうのがあるらしいんで、例えが違いすぎますけど、カテゴリーとしては。
でもそういう位置づけなんです。どちらかと言ったら、BUYMAって。

私がもちろん女優になるわけじゃないんですけど、次のステップに行きたいなと思っています。

前置き長すぎて本題みたいになりました。
いつも今やってる仕事の事を話そうと思ったら、やっぱり本気でやってるし、それしか考えてないんで、
どうしても前置とかラジオのテーマにしづらいんですけど、熱量があるのでちょっとだいぶ喋っちゃった。

今日はちょっとそんな感じで、前半戦はそういう話をしました。
終わったところで感じです。

今日のラジオのテーマなんですけども、次のチャプターで話したいと思います。

 

今日のラジオのテーマなんですけども、
「パリで日本の何が流行っているのか。パリの街で何を見た時に日本の文化がフランスの人に受け入れられていると感じるのか。」

っていうテーマでお話ししたいと思います。
これクエスト頂きました。ありがとうございます。

私がパリで暮らしていて、主に日本の何が流行ってるかっていうのは2点思います。

それは日本食とアニメです。
それを1個ずつ話したいと思います。

パリで流行っている日本食・レベルも海外一

 

まず日本食に関してなんですけど、パリとか海外で爆流行りしてるんです、今。

フランスでもすごい受け入れられていて、パリとかも日本食の店だらけなんです。
日本人がオーナーとして、シェフとしてやってる店は、その全体の何割ぐらいでしょう?おそらく2割ぐらいなんですけど、
あとの8割ぐらいは中国人とか、別の国のアジア人、日本人じゃないアジア人の人が経営してるんですけど、とにかく日本食のレストランめっちゃ多いです。

フランスだけじゃなくて、世界中で日本食って今流行ってるんでしょうね。
どこに国に旅行行っても、めちゃくちゃあるし、ヨーロッパにもあるし。
ただその中でも、フランスの首都のパリで、かなり多いです。受け入れられています。
数も多ければ、レベルも高いんです。

日本人がシェフとしてやっている店は本当に美味しくて、海外生活してる身としては、めっちゃ助かるんです。
やっぱり恋しくなる「帰りたいな。」って思う時って、家族とか友達に会いたいっていうのと、「食」「日本食、食べたい。」ってめっちゃなるんですけど、幸いにもパリって本当に日本人がやってるお店多いし、そうじゃなくてもお寿司屋さんとかどこでもありますし、スーパーマーケットもあるんで助かってます。

ヨーロッパにおける日本食を研究している友人がいるんですけれども、その方曰くパリの日本食のレベルは高いんです。
素人の私でもやっぱり、他の国に行って食べる日本食よりもパリのレベル高っていうの思ってたんです。
やっぱりレベル高いし数も多いんです。

今だったら特にラーメンが流行ってて、色んな店って基本的に並んでないんですけど、レストランの前に人。
ラーメン屋さんだけ、めちゃくちゃ人並んでるんです。

「一風堂」とか日本にありますけど、パリにも3店舗あって、すごい人気で、いつ行っても列があるんです。
フランス人が並んでる。みたいな驚きがあるんですけど、昼も夜もいつでも並んでるぐらい人気です。

フランス人の日本食に対しての知識とか、レベルも上がってるんで、舌が肥えてるって事です。
食べ方とかすごい知ってるんです。箸とかの使い方もめちゃくちゃ上手いし、私も今まで箸の使い方をフランス人に
「それ、あってるの?」って言われた事が何回かあって、実は持ち方多分指一本、違う持ち方してるみたいで、それを注意された事があるぐらい、
恥ずかしながら、結構皆さん舌が肥えてると言うか、日本食に対応しているんです。

私なりの考察としては、文化とか食の内容は全然違う、むしろ180度違うくらいなんですけど、文化的レベルが結構近いんじゃないかと思ってて。
だから受け入れられやすいかなと思うんです。
日本食とフランス料理ってどっちもすごい美味しい、繊細で、こだわりがあって美味しいんですけど、そのレベルが似てるなって思います。

例えば他の建築とかでも、全然違うじゃないですか。
フランスのオスマン建築と日本の和風のお家とかの建築って。
全然様式は違うんですけど、その文化レベルと言うか、エスプリ、文化に対しての精神レベルが結構似てると思うんで、どっちも共鳴すると言うか受け入れられやすいんかなって思ってます。

やっぱり結構、日本好きな人が多いんです。
「禅」っていう言葉あるじゃないですか。「禅」ってお寺とか行って禅の時間とかあると思うんですけど、その言葉とかフランス語になってるんです。
「禅」っていうのはフランス語になってて、整うとかクールみたいな意味合いなんですけど、そういうのがあるぐらい、わりと馴染んでるんです。日本の文化が。

フランス人が大好きな日本のアニメ、理由はテレビ局のライバル争い!?

 

もう一つアニメです。
日本のアニメがすごく知られているんです。
これはもうフランスだけじゃなくて、他の国の方とあっても、結構アニメとか漫画って世界的に日本の物は有名なんですけど、特にフランスの人めちゃくちゃ知ってて、ずっとなんでかなって思ったんです。
フランスに来たての頃に、どうしてこんなに皆、「ナルト」「ワンピース」「ジブリ」とか「ドラゴンボール」とか言うんかなーって思ってて、その理由を最近知ったんです。

その理由は、フランスのテレビ局が昔、1980年代ぐらいに日本のアニメを輸入したらしいんです。
テレビ局がチャンネル同士で視聴率争いみたいな感じになって、その時に日本のアニメが結構安売りされてたらしいんです。
輸出物として。

だから制作費あんまりかけなくて、アニメを垂れ流せるという事で、日本のアニメがテレビ局に輸入されて、テレビで流されたんです。
それが1980年代なんですけど。2000年ぐらいになって、そのフランス人達が気づくんです。
日本の原版を見る機会がその時あったみたいで、それまではフランス人が吹き替えてアニメ放送されてたんですけど、日本のアニメをその原版を見て、
「日本のアニメの声優のレベル高っ。めっちゃ面白い。」ってなったらしくって。
フランスの声優の人のレベルって結構低いらしいんです。

だから「なんじゃこりゃ。」ってなったらしくて、もい一回2000年ぐらいに、日本の原版を使って、字幕でアニメがもう一回流されたらしくて、それですっごい認知されてるんです。
ちっちゃい頃アニメで育ったみたいな世代が、今20代30代になって、ちょうど私と同じぐらいの年代の人がめっちゃ日本のアニメ知ってる。日本を好きな人もすごい多いです。
きっかけはアニメだったりするとか多いらしいです。

空手とかも結構流行ってますけど、アニメの影響がすごくでかくって、
その理由はテレビ局がチャンネル争いでアニメを輸入したっていうところから始まってるそうなんですけど、すごく日本文化が好きな人に出会います。

気のせいかなって思ってたんですけど、他のヨーロッパの国に住んでる友人にも、
「フランスってめちゃ日本好きな人多いよな。」っていうのちょこちょこ言われてて、
「そうなんかな?どうなんやろ?自分はフランスに住んでるから、比較が出来ないから分かんないな。」
って思ってたんですけど、そういう理由があるので、わりと文化的には受け入れられている。
興味を持たれているなって感じます。

いかがでしたでしょうか。
今日はちょっと、わりと喋っちゃったんで、そろそろこの辺でお開きということで。
また明日お会いしましょう。

それでは。

Saki

158,806 views

パリ在住のライター

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

Profile

パリ在住のジャーナリスト、ファッションバイヤー。
ABOUT