Skypeで、世界各国にいるBUYMA提携スタッフとミーティング

こんにちは。
最近ビザの申請準備や、新しいスタッフさんの面談などでバッタバタと、、していました。

いや、、ビザの申請って本当に面倒くさい・・・。
ここ2日くらいで、5回くらい渡仏を諦めそうになりました笑。

ビザの申請は慣れてきたので(カナダで1回、フランスで1回している)、まだ初めての時よりは心理的なハードルはましですが、平均的に3ヶ月くらいかけて準備するべきものを、2週間前に準備し始めるから大変なことになる。

10種類くらい書類がいるんですが、間に合わない、と思った書類が2種類くらいあって、、本当に、、心臓が止まりそうになりました。笑

まあ多分、なんとかなる、と思います。秋に私がパリにいたら、大丈夫だったということで笑。

話は逸れましたが、何が言いたいかというと、ビザの話ではなくて、そんな忙しい時にでもバイヤーのお仕事は滞りなく回り続けました、ということです。

なぜなら、私のオンラインショップの問い合わせをしてくれるスタッフ、買い付けをしてくれるスタッフ、商品を出品してくださるスタッフがいるからです。
だから、この1週間で合計多分10時間くらいしか仕事をしていないんですが笑、ショップは勝手に回ってくれていました。本当、ただただスタッフの皆様に感謝です。

フリーランスだからこそ、忙しくても仕事が回る仕組みづくり

他の記事でも書いたんですが、去年の冬のように、1人でやっているとどうしてもマンパワーになり、自分が倒れると仕事が回らなくなり、収入がストップします。フリーランスなのに、その状況はリスキーすぎる。

なので、去年の冬からスタッフさんと提携して、今は合計15名ほどいてくださっています。
私の自慢は、みんな文句のつけようがない素晴らしい方々だということと、ヨーロッパの買い付けさんが日本に帰国しないといけないなどのやむを得ない都合以外は誰も辞めていないということです^^
居心地がいいと言ってもらっています。ちょっと、ゆるすぎるかもしれませんが・・・。

でも楽しく、長く一緒に仕事できるのが一番いいと思っているので、厳しく売り上げを目指すというよりかは、公私ともに付き合いたいと思えるような人と仕事をしたい、という方針でやっています。

(*写真はイメージです笑)

公私ともにお付き合いしたくなるくらい好きなスタッフと働く

実際に、今日はスタッフさんの家に仕事以外の用事があって行ったのですが、ちょうどスタッフさんの旦那さんの親御さんが南フランスからいらしていて、一緒に昼ごはんを食べさせて頂くことに。

日本ではこんなシチュエーション、あんまりないですよね・・・。同僚と、同僚の旦那さんと、同僚の旦那さんの親御さんとランチ。笑

南フランスのご自宅のお庭で取れたというトマトとズッキーニ、小麦粉を使って南フランス料理を作ってくださいました。
これが、本っ当に美味しかった!!美味しすぎて、一口食べた瞬間フッと、、笑ってしまいました。

私は南フランスにまだ行ったことがないので、近いうちに行ってみたくなりました^^

あとこの時、男性陣が料理をしてくださいました。
フランスの男性って本当にみんな料理するよね・・・。
私も友達とかとみんなで遊んでいる時、男性陣が料理をして、女性陣は座ってしゃべりながら待っているという状況、よくある。。

そんな感じで公私ともにがっつりお付き合いをしているのですが、これは残念ながらわたしが敏腕でみんながよくしてくれている、とかでは決してなくて笑、自分に合った適切な人を集めることができているからです。

スタッフさんを雇うまでの流れ

スタッフさんを雇うまでの作業的な流れは、

掲示板で募集

面談

採用

教育

なのですが、ここを機械的にやってしまうと、お互いに求め合っていない同士が引き合う結果が十分に起こりえます。
(私も求めていない人がくるし、応募してきた人も、なんか違う、、と思う結果)

なので、

(どんな人と働きたいかを深堀りする)

(その人にどんな文章なら届くか?を考えてラブレターを書く勢いで真剣に書く)

掲示板で募集

Skypeにて面談

採用

教育

という流れにするのがいいと思います。この()内の作業が大切かと思います。

「このどんな人と働きたいか?」のところで、例えば
・25-40さいくらいの近い年齢の人
・できない、無理、とすぐに考えない人
・マニュアル通りではなく柔軟に考えることができる人
・明るく素直な人
・フリーランスか副業をしている主婦の人
などを書き出し、

その上で
その人はどんなところに住んでいるか?これまでどんな経歴の人か?
どんな考えの人か?
私の方針をどう捉えてくれそうか?
家族構成は?どんな将来像を描いている?

など詳細に想像します。そして、その空想上の方に向けて、熱烈に文章を書きます。

すると、本当に考えているような方に文章が刺さって、引き合うことができます。
昨日今日も、2名新規でスタッフさんを雇いたくて、面談をしていたのですが、本当にいい方たちで、すぐに会いたくなりました!
お一人は日本の方なので、まだまだすぐには会えそうにありませんが・・・。
仕事以外の雑談もいろいろして、それぞれ1時間くらいSkypeで話していました。

Skepeがあればどこでも、誰とでも仕事ができる

Skypeがあれば世界のどこにいる人とも無料で、何時間でも話ができる。
現代に生きてて良かった・・・。先人偉人に感謝です。

私の父は私が小さい頃よくヨーロッパに出張に行っていたのですが、当時連絡を取る手段ってクソ高い国際電話か到着に2週間くらいかかる手紙しかなかったので、大変だったそうです。私が生まれた時も父はローマにいたので、顔を見ることができたのはしばらくあとだったそうです。

今だったらSkypeとかですぐに顔見れますよね。
偉人に感謝しながら、使えるツールはどんどん使っていきたいと思います。笑

たまに各国に散らばっているスタッフ全員でSkypeミーティングをすることもあります。
私のスタッフさんたちはフリーランスの方々が多いので、みんなの他の仕事を聞いたりするのも、面白いです。(多分近い境遇の方が集まる募集文になっているのだと思う笑)みなさんがいるので日本に一時帰国する時も仕事が止まるのではないか・・という不安がありません。

来週はスタッフの一人と、そのお子さんとお茶の予定があります。(遊びすぎかな)

小学生の子なんですが、もうだいぶ仲良しです。そのスタッフさんは、私の家にその子を一人でお泊まりさせて遊びに行く計画を立てています笑。それも楽しみ。

次は、どうやって商品を販売しているかなどの、基礎的なところのお話ができたらと思います。

それではまた。

タダでパリ→バンコクで遊ぶ→日本に帰国。知っておきたいマイルのお得な使い方

海外で、自分の力で暮らして行こうと思うと、まあいろいろとサバイバル力が身につきます。

サバイバル力の内訳って、根性とか、勇気、、とかなんだかそういう精神論も多分に含まれるのですが、

情報収集力、というのがかなり重要なサバイバル能力のひとつだと思います。

日本でも海外でも、どんなところでも、生きていくにはいかに使える情報を持っているかということが生命線。

今の時代、いろんなことを知っていればいるほど、生きやすい世の中になっています。本当に知っている人が無限に得をする情報やシステムが、そこかしこに転がっています。

語学のことや仕事のこと、異文化に対する知識、理解(別名、諦めともいいます)はもちろんですが、また、移動に関しての知識もあればあるほど良いです。

日本に帰ったり、他の国へ行くことが多いし、海外でフリーランスとして暮らす中で、移動の出費は目を背けられないもの。

そこでサバイバル力の一つとして、今回はマイルについての経験をシェアしたいと思います。謙遜しないですが、有料級の情報だと思っています。実際に私はこの情報は、買って勉強しました。

普段の生活の支払いはほぼクレジットカードで

私は普段の生活で、ほぼ全ての支払いの際にクレジットカードを使ってパリで生活しています。100円レベルのものでも全てカード決済をします。

お金はほぼ持ち歩いていません。

日本では少額だったらカードが使いにくい雰囲気だったり、そもそもカード決済ができないところが結構あると思いますが、フランスではそんなことはないです。

フランスでも相当カードで済ませることができますが、商店みたいなところだと10ユーロ以上しかカードで支払えなかったり、VISA以外のカードはダメ、というところがあったりするので、フランスよりアメリカ、イギリスの方がよりクレジットカード社会だとは思います。イギリス在住の友人は、お金を1ポンドも持ち歩いていない、と言っていました。

ちなみにフランス、本当にAmerican expressが使えない。ほとんどのレストラン(星付きレストランは基本大丈夫)で使えないので「一度なぜ使えないの?」とサービスの方に聞いたら「フランスはアメリカが嫌いだからだよ!(にっこり)」と身も蓋もない答えが帰ってきたことがあります・・・。本当のところは、お店がAmexのカード会社に払う手数料が高いかららしいのですが。

話が少しそれましたが、私はクレジットカードで支払いをすることで、マイルを貯めて、航空券に交換することができる「マイル」(ANAマイルです)を貯めることに、日々相当命をかけています。

ANAマイルが貯まるクレジットカードを持ってしばらく経つのですが、今回は日本への一時帰国に向けて、最も有益にマイルを使うことができたと思うので、そのお話をしたいと思います。

マイルはお金と同じ価値がある

そもそもマイルについて。は簡単に。クレジットカードを使うと、ポイントがたまりますよね。

ANAなど航空会社と提携しているクレジットカードを持つと、そのポイント代わりに、マイルが貯まるということになります。カードで支払いすればするほど、マイルがたまります。それが溜まったら、航空チケットと交換できます。ポイント還元率はカードによって違うのでここでは省きます。

もっと厳密にいうと、航空会社と提携しているカードも、マイルではなくポイントとして貯めて、その貯めたポイントでなんか高級なお肉と交換、とかもあるのですが、還元率が低いのでぜったいに航空チケットを取るのに使った方がいいです!うっかりお肉と交換しないようにしてください。

マイルはポイントではなく、お金です。お肉食べれるラッキーくらいの感覚ではなく、資産として考えた方がいいと思います。

同じマイル数で、経由地を2箇所増やせる!

今回ビザの更新のために日本に一時帰国するのですが、本来なら

(予定)

往路:パリー大阪

復路:大阪ーパリ

を取りたいと思っていました。

そして、結論からいうと、実際に取ったチケットは

(実際)

往復:パリータイ・バンコクー大阪

復路:大阪ー熊本ーパリ

です。これ、予定と実際のチケットを取るのに、使ったマイル数は同じなんです!つまり、タダでバンコクと熊本にいけます。わーい。

でも、私、1年ほど前にマイルに関して相当勉強した時期がありまして、そこで同じマイル数でも経由地を増やせる、ということを覚えていたんです。

マイルの規約書を隅から隅まで読めば、書いているらしいのですが、誰も、、読まないですよね。字が小さくて小さくて、2秒で意識がなくなりそう。

で、いつもそれをやろうと思うのですが、私は本当に間際にならないと準備する気が起こらないギリギリな人で名を馳せている。(どこで)

海外旅行も基本当日に荷物を準備するし、学生時代にバックパッカーをした時は、行きの飛行機の中で行く国を決めたり。早めに準備するに越したことないのですが、どうしても、、気分が向かないんです、物理的に本当にギリギリになる時期にならないと。笑

これは6才くらいの時から直したいと思っている自分の性格なのですが、もうどうしても直らないので受け入れてあげようと思います笑。。

なので、マイルに関しても、ギリギリで日程や寄る場所を考えていると何日もかかり、結果めんどくさくなってどうでもよくなってきて(短所)、普通に往復をとってしまうという失態を何度も犯していました。笑

でも、今回はまだなんとか、取ることができました。(それでも超ギリギリだったけど)

どうしてタダで経由地を二つ増やせたか?

どうしてかというと、単純にそういう規約です。でも知らない人が多いだけ。

今回のことは、滞在地を1箇所増やせるプラス24時間トランジットが可能な規約でした。

・滞在地を増やせる

滞在地というのは何日でも滞在していいという意味です。

でも、どこでもいいというわけではなくて、パリから大阪に帰るのに通り道にある国だったら、行けることが多いのです。

もしアメリカなどに行こうと思っても、通り道ではないので、マイルを多く使わないと増やすことができません。

ネットで見ているだけでは、頭がこんがらがってわからなくなりがち(私だけかな)なので、航空会社のカスタマーセンターのお姉さん、お兄さんに相談したら、とっても親切に答えてくれるので、電話してみるといいと思います。

今回は、アメリカのカスタマーセンターにつながったのですが、ベテランで頭がキレるお姉さんに当たって、ポンポンっと素敵な提案を次々にしてくれました。

その前も一度センターに電話したのですが、センターの方よりも私の方が知識が上回っていて、その場合ですと単一往復しかできません。と言われたのですが、多分できる、と思ってかけ直しました。いや、諦めなくてよかった。しつこくてよかった・・。ちなみに国内を滞在地としてもOKです。沖縄に5日滞在してから、大阪に帰ってもいいです。

・プラス1箇所、24時間トランジットも足せる

また、24時間トランジットも足せます。これも国内でも海外でもいいです。

ただ海外ですと、セキュリティチェックや、空港から市内に出るまで距離があったりして、それにけっこう時間を食うので、タイトだと思います。慣れている国ならいいと思いますが。韓国や台湾など近隣諸国にちらっと寄ってもいいと思います。

私は今回は熊本にいるおばあちゃんに会いたかったので、国内でトランジットして1泊することにしました。

経由地で何する?

タイのバンコクは、特に用事があるわけではないのですが、カスタマーセンターのお姉さんと相談して気分で決めました。ヨーロッパに普段いるので、ヨーロッパって気分でもないし。久しぶりに東南アジアの、蒸し暑いあの感じや(フランスは今涼しくて寒い)、人の活気を、街のエネルギーを、感じたくなったんです。何日か滞在する予定です。

私が初めて海外旅行したのもタイのバンコクです。10年前。懐かしいな。バイトを3つくらい掛け持ちして働きまくって、大学の友達とお金を貯めて4泊5日で行きました。その時は初めてだったのでツアーで行ったのですが、それ以来ツアーは取ったことありません。理由は、集合時間に合わせて急がないといけなかったり(急かされるのが本当にきらい笑)、ツアーの車で草原を3時間くらい走っていた時にトイレにものすごく行きたかったんですが言い出せなくて、我慢しすぎて死にかけたからです。私の我慢の必死の形相を見て、友達は笑い死にしていました。

今回は、仲の良い友達で鬼のフットワークの軽さの子がいるのですが、その子に「日本帰る前にタイ行こうかな、合流する?」というと2秒で「行く!」と返事が帰ってきました。

友達と合流して、ぷらぷらしたり、マッサージしたり、変な像を見に行ったり、ホテルでゴロゴロしたりする予定。

こういう自由にできる生活が本当に好き。こういうのが気軽にできる友達、仲間を増やせたらいいな。

そういう生活ができるのは特別な人だけではなく、やりたいと思って実際に行動に写した人ができるというシンプルな話だと思います。

それができるように、いろんなサバイバル力がつけられるようなサービスを、今後やっていきたいと思っています。興味のある人がいたら嬉しいです。

それではまた。

海外に住んだら、ルー大柴的な話し方になってしまう必然

海外にお住まいのみなさま、もしくは帰国子女のみなさま、時々日本語を話している時に「この言葉、日本語ではなんというんだっけ。」と日本語を思い出せないこと、よくありませんか。

ちょうど別の記事を書いていて、「messy」→「散らかっている」と日本語を本当に2分くらい思い出せなくて、まあまあ焦って。「ああこの現象。みんなどう思っているのか知りたい。」と思ってこの記事を書くことにしました。

続きを読む

BUYMAでスタッフを雇うまでのストーリー(外注さんと提携)

(前回の「BUYMAで月100 万円利益出したときのストーリー」続きです。)

街がクリスマスイルミネーションに本気を出してくる、12月。

日本でもなんだか年々派手になっているような気がするけれど、パリの本気度はより一層、もう、なんというか、ハンパない。

シャンゼリゼ通りや、ブランド街があるサントノレ通り、同じくブランド街のモンターニュアベニューの本気さたるや・・・。

続きを読む

学校のイスに座ってるだけでは東大に行けないのと、外国に住んだだけでは言語を話せるようにならないのは同じ理屈

海外に来て、1年。

日本以外の国で暮らす上で、語学の勉強というのは切っても切り離せないものだし、言葉が好きな私には、とても興味深いものです。言葉について考えるのが好き。

フランスに住んでいる日本人の間でも、やっぱりフランス語に関する話題は尽きないものだし、日本にいる友達からはよく「もうフランス語ペラペラじゃないん?」と言われる。

でも、最初に一言言っておきたい。

「外国に住んでいるだけでは、言語を話せるようにはならない。」

続きを読む

・・・準備中・・・

【ビザ】カテゴリーでの予定記事

・ワーホリビザが切れたあと、大使館公認でフランスにそのままいれるかやってみた

・フランスにはマダムのためのビザから、アーティストビザまでいろいろある

・ワーキングホリデービザについて(フランス)

・ワーキングホリデービザについて(カナダ)

・ワーキングホリデービザについて(イギリス)

・・・準備中・・・

【ライターノウハウ】予定記事

・WebでPVを取れるライティング、タイトル付けの方法

・雑誌ライティングとWebライティングの違い

・企業様からの新商品コピーライティング、納品させて頂きました。

・インタビューライティングについて

・大手出版社とどうにかして仕事する方法

・コネなし、経験なしから10社と契約する方法