自営業なら知りたいMUST・CAN・WANT思考!(ラジオ書き起こし)

ラジオ書き起こし

こんにちは!

パリのアパルトマンからお届けしてます。

フランスと読書が好きなフリーランスのSAKIです。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

毎朝、朝8時にこのラジオを 配信しようと決めたんで、

「おはようございます」

の方がいいのかな ?

朝、配信するようにしました 。

(この記事は、SAKIのラジオの「ep.10 MUST,CAN,WANT思考を知ろう!」の書き起こしです。ラジオを聴くはこちらから

https://anchor.fm/saki8/episodes/ep-10-MUST-CAN-WANT-e90fdm)

ラジオの最初のむだばなし

 

フランス最近寒くて、ほぼ毎日雨なんですけど、寒かったら余計に外に出るのが億劫ですよね。

私、別の国に行ったりするのは、なぜかフットワーク軽いんですけども

わたし的にパリにいる時って、「仕事に集中しているオンの時期」で捉えてるんですね。

あんまり遠くに行かないんですよ。

私が住んでるカルティエ内で生息してる、うろちょろしている感じです。

カルティエっていうのは区っていう意味で、自分の区内、南区西区みたいなそういう感じなんですけども、そこにいてます。

パリってセーヌ川が横に流れてて、それを挟んで上が右岸・下が左岸て感じなんですけども、なかなか向こう岸まで行くのが一大イベントみたいな感じで、近所うろうろしてるんですけども。

ちょっと外に出た方がリフレッシュになっていいと思うので、

このラジオを録り終わったらスタバにキャラメルフラペチーノを買いに行こうと思います。

今日のラジオのテーマなんですけども、

「収入を上げるのに必要な思考は、MUST思考からCAN思考へ→CAN思考からWANT思考へ」

っていう話をしたいと思っています。

 

義務教育ではお金の稼ぎ方は学ばない

 

ビジネスの話からお金の話になるんですけども、

その話をする前にちょっと言っておきたい事があって

お金の話って日本でちょっとしづらい感じがあると思うんですよ。

お金を稼ぐ事について話すのはイヤらしい、みたいなとこあると思うんですけど。

そもそもお金ってめちゃ大事な事じゃないですか。

生きていく為に、やりたい事をやる為に、大事な人を助ける為に、子供に良い教育を受けてもらう為に、良い環境を提供する為に、すごく必要な事だと思います。

でも、義務教育を受けてる間って、お金の稼ぎ方とかって習わないじゃないですか。

でも、大人になったら、ポンッと社会に放り出されて

「はい、頑張ってお金稼ぎましょう」

みたいな感じになりますよね。「え、どうするの?」っていう。

 

お金を稼げる人は、自己投資をして自分で学びの場をつくっている

 

そのお金を稼いでいる人達は、どうしてるかっていったら、

義務教育が終わった後も学び続けているんですね。

「学びを知る」っていう事は大切だと思っていて、

私はフリーランスになった時とか、なった後に、すごく勉強しました。

どうやって仕事をするのかってのを、お金を払って学んだりですとか、

本を沢山読んだりですとか、コンサルティングを受けたりして、

学ぶことによって収入ってめちゃめちゃ変わります。

こういう話をする事って全然イヤらしい事とかではなくて

自分とか周りの人とかを救う為に、選択肢を増やす為にすごく必要なことなので

「うっ」ってなるか分からないですけど、普通に大事な普通の話なので、

そういう感じで聞いてもらったら方が良いかなと思います。

最近、世の中の流れがめちゃくちゃ早くて、

それに気づいていち早く、

自分でどうやったら一回だけの人生を良くしていけるか、

豊かにしていけるか

っていう事を考えていくとより良いと思うんですよ。

豊っていう意味がお金があるって言うことじゃなくて、

お金を稼ぐ過程で学ぶ事沢山ありますし、選択肢すごく増えますし、

どういうことが豊かな事なのかなって思うんですよね。

特に最近 AI が進んで仕事がなくなるとかってよく言われてますけど、

その波がガチで来てるなっていうのをめちゃくちゃ感じていて

結構焦っているんですよね、私も。

AIが仕事を取って代わって5年10年以内にほとんどの仕事がAIになるでしょう

みたいな事を言われてると思うんですけど、私もっと早いと思ってて

5年も掛からないと思うんですよ。

2,3年で世界は凄く変わると思います。

実際に今日とか昨日とかもファミマが希望退職を募ってたりですしてますし、

ネット業界とかインターネットあたりのIT系辺りの市場はめちゃくちゃ広がっていますね、

数字を見ると。

事実として、もう波が来ている。

ただのイメージじゃなくて、実際に来ているので

今からの時代に対応していく為に

まず思考、色んな考え方を知るといいなと思ってます。

MUST思考じゃなくてCAN思考へ、CAN思考じゃなくてへWANT思考へ

 

私が読んだ本で紹介していくと

「MUST思考じゃなくてCAN思考へ、CAN思考じゃなくてへWANT思考へ」

て言う事を話してました。

英語でMAST、CAN、WANTって言ってますけど、

一応意味を言うと、MUST-しなければいけないって事ですよね、MUST思考。

これが目の前の仕事を一生懸命やるのにはいいんですけれど、

収入に限界が来てしまうって事です。

日頃の仕事の中で、何々しなければいけないという思考になっていたら、

もしかしたら長く続けるのは苦しいかもしれないですし、

出来るだけその中でCAN思考ってのを増やしていくと良いらしいんですよ。

この報告書を提出しなければならないとか

この頼まれていた業務を終わらせなければいけない、とか

何時にどこどこに行かないといけない、とか

勿論、仕事でMASTがなければ成り立たないと思うので

ゼロにしようって話じゃないんですけども、

仕事の中でMASTばかりの仕事になっていたら、

ふっと立ち止まってみるといいんじゃないかなって話です。

仕事の中で、CANを増やしていく

 

CAN-出来る事って意味ですよね、CAN思考。

MUST仕事の中に囲まれていたら、

出来るだけどこかでCANを見つけるといいなって話です。

これだったら出来るかもみたいな所ですよね。

例えば私の話ですと、昔雇われて働いていた時は

何々しなければならないって事がすごく多かったです。

収入も決決まってるし、昇進しても1年で200万とかは、あまり上がらないじゃないですか。

結構限界ってのがあって、私はこれをしなければならない、

先輩に頼まれたこれをしなければいけないって仕事ばっかりだった中に、

「私だったらこれ出来るな、じゃあそれを提案してやってみよう 」

そういう思考で行動を起してみるってのが大事だそうです。

確かにそうだなと思っていて、

CANがどんどん増えていったら、かなり収入とか仕事のやってる内容が変わってきます。 

「しなければならない」

そればっかりだったら割と苦しいというか

それに対してポジティブな気持ちになりくいなと思ってて、

仕事し初めの時とか、どうやってお金を稼ぐかについて学んでなかったら

それしか分からないから、やるしかないんですよ。

ただ、ちょっと勉強したり、仕事の中だけでも学んでいくと

CANが増えていくと思うので、MUSTばっかりに現状維持せずに

「これは私が出来るからやりましょうか?」

とか提案したりですとか「やってみたいです」

って言ってみる事はありかなって思ってて。

締め切りに終われる受注型フリーランスから、発注型フリーランスへ

 

フリーランスになってからも、最初はやれることが限られてるからどこかの雑誌社とかに原稿をいついつまでに書かなければいけない

って感じだったんですけど、

そのうちに、ちょっと書けるようになってきたから、

どこどこという自分の好きな媒体にも書ける、じゃあ書いてみるとかってのが増えて楽しくなっていきましたよね。

バイマのバイヤーの仕事もやってますけど、

最初、海外にはじめて来て、とにかく稼がなければいけない商品をなるべく安く売らなければいけないって感じだったんですけど、

売ることが出来るようになったら、もうちょっと利益の高いものを私は売れる(CAN)、じゃあ売ろうってなったりですとか、

それで結果が出たら、その結果が出たから

バイヤーのコンサルティングも出来るって事になってコンサルティングも始めたりして、

どんどん仕事の状況も変わっていきました、CANを見つけて。

CANからWANTの段階に変えていく

 

今CANからWANTの段階に切り替えたいと思いつつあるんですけど、

WANTって欲しい、やりたいって事ですよね。

WANTを仕事にするのってすごくハードルが高いじゃないですか。

やりたい事をやって、それを仕事にするなんてってイメージあるかもしれないですね。

そういう人が多いからこそ、ちょっと前にYouTubeとかで

「好きな事を仕事にする」っていうキャッチコピーが物議を醸し出したのは

WANT思考になってない人が嫌悪感を抱くんですよ。

好きな事を仕事に出来るわけないでしょ。甘いでしょ。

みたいな感じなんですけど、

実はWANTで仕事を出来る人って進化系なんですよ。

前澤さんやホリエモンさんはWANT思考のステージ

 

MASTからCANからWANTにステージを踏んだでそうなったっていう人が多くて、

スタートトゥデイ(会社名違ったらすみません)の前澤さん、とかホリエモンとか

宇宙に行きたいからロケットを作ってる。宇宙に行く。

少年みたいな夢を大企業の社長さんとかが叶えようとしている。

 

それって何も考えずにやりたい事をやっているとかではなくって

段階を踏んでいった結果だと思うんですよ。

すごくいいなあと思っていて

MUSTからCANへ。CANからWANTへ。

っていうのは段階を踏んでそういうことになるんですね。

WANTを仕事にするのは簡単なように見えてすごく難しい、でもすごく強くなれる

 

WANTを仕事に出来るって、めちゃめちゃ強くて

年収とかも限界がなくなるんですよね。

 

なぜなら、好きな事をやってるから続けられるし、

情熱があるからやる仕事がめちゃめちゃ早くなるし、

クオリティが高くなっていくって感じなんですよね。

MUSTからCANからWANTへ。

CANからWANTへ。

すぐに切り替えることはできないし、何それってなるかもしれないですけど

すごくすごく大事なことで、選択肢とか幅が広がるので いいなと思ってシェアしました。

そういうお話をしてみました。

参考になれば幸いです。

それでは皆様、今日も良い1日をお過ごし下さい。

Saki

127,988 views

パリ在住のジャーナリスト、ファッションバイヤー。

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

Profile

パリ在住のジャーナリスト、ファッションバイヤー。
ABOUT