サイトのコンセプト

真面目なはなしをちょっと。

このサイトを開設したのには想いがあって。
当サイトを通して私が実現したいことは、

「一人ひとりが、本当にやりたいと思えることを、自由に選んでもいい」世の中になることです。これがコンセプトです。

そのためには、やりたいことを自由に選べるような力をつけることが必要で。

その手段の一つとして、フリーランスの始め方をお伝えしていきます。

当サイトのタイトルは「海外フリーランス」ですが、これがイイよ!正解だよ、という価値観を押し付けるものではないです。

誰かの役に立てるような私の経験はこれしかないので、興味がある方に「ライフスタイルの一つ」として、提案をしています。

]
(*写真はイメージです笑)

世の中には、会社勤めで能力を最大に発揮できる人もいれば、フリーランスが合う人、主婦として活きる人、ずっと学生で学び続けたい人、結婚して幸せな人、独身で幸せな人、アーティストとして生きる人、いろいろいると思います。

どれが幸せか、形だけを見てそれを決めつけないでいたいんです。

フランス生活が長いわけではないのですが(まだ1年、新米です。)、だからこそ、この気持ちを忘れずにいたいのですが。。

日本で住んでいた時や、一時帰国で帰ったときに、違和感を感じてしまって、ずーっと毎日考えていることがあって。
それは、あまりにも固定概念、愚痴、噂話が多すぎない??ということ。

とても窮屈でモヤモヤして、納得いかないことが多かったんです。

例えば・・・、

「旦那が繊細でよく落ち込むから、どうしたらいいか悩んでいる。」「でもさ、お酒もタバコもしないしいいじゃん!」
(うちの旦那さんがいいとか悪い、とか、そんな表面的な話をしてるのではない・・。だから会話が噛み合わない。)

「あそこの家、まだ子ども作る気ないんかな・・・?」
(全員が子ども欲しいわけではないのでは??)

「もう○歳やし、結婚しないとなー。」
(年齢が理由ってどういう意味?自分が本当にしたいのか自分にちゃんと聞いたのかな。他に理由があるならそっちを教えて)

「フリーランスって稼げないんじゃない?大変じゃない?」
(内容を聞かずに「肩書き」で判断するの?内容や志や、やり方が重要だと思う・・。)

これの根源って・・。多分これだと思う。

なんだか「一つの形が正解」という概念が強すぎるんじゃないかな。。

例えばだけど「大企業に勤めて、結婚して、子どもを産んで、家を建てる。」
もちろんこれが、悪いことという意味ではないです。
「全員がそれを求めている」と思いこんでいることに対して「根拠は??全員に聞いた??」と思ってしまった。。

そして、大事なことだと思うのですが、私の言うことも「正しい、正しくない」とかでは読まないでほしいんです。
「ただ、言いたいこと」です。その違いを混同しないことが、鍵だと思う。

一人一人が、好きな幸せの形を選んでもいい世界になること。
これが私の理想です。

そのためのアイデアやノウハウがたくさんあります。このサイトを通して、私なりに話していけたらと思います。
もしよければ、読んでもらえると嬉しいです。

コーヒータイムのお供にでも、電車で移動中のスキマ時間にでも。お付き合いのほど、どうぞよろしくお願いします。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です