BUYMA外注化採用基準「スタッフってどうやって採用してるの?」

こんにちは。

最近海外在住BUYMAプレイヤーからもコンサル依頼が続いていて嬉しいです。スペイン・イタリアなどから、メッセージを頂きます。

いろんな国に住んでいる人のお話も聞けておもしろいですね^^みんな海外で頑張っているみたい。

BUYMAをしばらくやっていると突き当たるのが「外注化するのか?しないのか?」というところ。

BUYMAをこれからも人生の目標としてずーっとやっていたいなら、外注化しなくてもいいと思うんですが、理想のライフスタイルがあって、そのためにBUYMAをやっているなら、効率や売り上げをあげるために外注化した方がいいと思うんですよね。

先日のこの記事でも書いたように、いろんなポジションを外注化すると良いと思うのですが、募集して応募がきた時に「どういう基準で判断して採用しているか?」をお話してみたいと思います。

応募メールの文面は人によって全然ちがう!

募集をすると、自分のメールアドレス宛てに応募のメールがわりときます。

この募集文もいろいろ工夫する必要があるのですが、「どんな人にきてほしいか」を絞って書くと「あ、私のことだ!」ってなって、逆にわりとたくさんメールがきます。

いろんな方からいろんなメールがきますが、本当に人によって全ッ然違います。

募集の際に「メールに書いてほしい必要事項」をいくつか書いて募集しますが、

・それ通りに全てきっちり書いてくれる人

・文章で近況などをしっかり伝えてくれる人

・CV(履歴書)をつけてくれる人

・ほぼ何も書いていない人

・質問をたくさん文章に書いてくる人

応募の文章の時点で「自分が採用したい人」にターゲティングして書く(←重要!!)ので、あまりに希望と違う人はあまりこないのですが、

基本的に「顔が見える文面を書き、素直そうな人」と面談します。

なので上記に書いてある上3つの人は「いいなあ、話してみたいなあ」という人が多いですが、下2つの方には返信をしません。

「ほぼ何も書いていない人」の匿名性の高さへの不安

上記のうちの応募メールに「ほぼ何も書いていない人」ですが、おそらくとりあえず送ってみたって感じなんだと思います。だからまずそこのモチベーションの低さでNGだし、万が一返信してもそこからの返信が遅すぎたり、返信なかったりする人もいるので「やっぱりか・・」と思ってしまいます。

「何も書いていない人」っていうのは、例えば「興味があるのでメールをしました。詳細を教えてもらえませんか?」みたいな文章を書く人です。まず自己紹介がないので、、、。おそらく心理としては、「ちょっと気になるから詳しく話を聞いた上で判断しよう」って感じなので、まず名乗らないのだと思います。

内容はわりと明確に書いているので、その上で文面で質問するくらいの低めの引っかかり度なんですよね。もしお仕事ご一緒しても、多分お互いに幸せではないと思うんです。

 

採用後、長く続けてもらうために確認すべきこと

採用するのでもちろん効果として売り上げをあげたいとは思いますが、一緒にやってくれるスタッフが嫌な気持ちだったら、せっかく雇用を生み出してる意味ないな・・って思います。

そもそも、そこがずれていると、採用しても長く続きません。

なので「スタッフも私も楽しく働けるか」「応募理由」を面談の時にめっちゃ確認します。

「どういうライフスタイルにしていきたいか」「何か学びたいことがあるか」など。ただのアウトソーシングかもしれませんが、簡単にでも確実にそこを確認します。

フリーランスとしてやっていきたい人に教えられるノウハウはたくさん持っているつもりなので、求めている人にはそれを一緒に働きながらギブしたりしています。

ちなみに、海外では「フリーランス」って働き方が、日本よりはスタンダードです。

ただ、淡々とやりたいっていう人もいるので、それを望んでいる人はそれで別にOKです。

事務作業が好きで別にたくさんのコミュニケーションはいらない、でも仕事は粛々とやってくれるって人もいます。異様にスピードが早く正確だったりしてとても助かっています。

雇用は時間と費用がかかる

なので、採用した後は、けっこうみなさん長く続けてくれます。

そこまで精査するとわりと気の合う人が多く、そうなってくるだと心理的に連絡もお互い早くなるので、スムーズだし。時々遊んだりもしているので、楽しいです。

採用して、契約書を交わして教えて、ってけっこう労力がかかりますが、すぐ辞められてしまうと、また一からやり直し。そこに二重に時間をかけるべきではないと思うので、確認すべきことをしっかりやったのちに、進めるといい感じです。

そんなところを気をつけて進めると効率もよくて楽し採用活動ができると思います。

ではではまたね。パリより

 

 

 

 

 

BUYMAコンサル感想Vol.3(子どものためにいろんな働き方があると知りたい主婦の方より)

パリに帰ってきましたー!ユニクロの広告塔かと思うくらい、ヒートテックよりレベル上のもの(極暖)を着込んで陣地に向かったのに、何これ日本よりあったかい。。

一時帰国にしては日本いすぎたけれど、ついに帰ってきた!いいね。ひさびさ!帰ってきたら、部屋がちょーーピッカピカになってて、びっくり!!ヨーロッパは基本水が硬水なので、カルキ(水跡に残る白いやつ)がすごいんですが、そのカルキ掃除をしてくれたみたい!めっちゃ気分がいいです。

ところで、先月日本にいる間にまたSkypeコンサルしていました。

お子さんのため、いろんな働き方を知りたいという主婦の方が、Skypeコンサルを受けてくださいました。BUYMA初心者の日本在住の方です。

続きを読む

バンタンデザイン研究所で、遠隔Skypeバイヤー特別講師をやってみる。

日本にいたうちの約2週間東京にいたんですが、ノマド的バイヤー仕事の他に、打ち合わせもいくつかしていました。

そのうちの一つの打ち合わせで訪れたのは、恵比寿にあるバンタンデザイン研究所。

専門学校の先生からオファーがきた!

私のこのサイトを見て、こちらのファッション専門学校の先生から、バイヤーとしての特別講師の依頼がきていたのでした。それがきっかけ。

続きを読む

ニューヨークで決断して、この度会社を設立しました。

いつの間にやら新年ですね。

あけましておめでとうございます!

パリから一時帰国しているんですが、

この度、株式会社を設立しました!!

きっかけは、10月末に行ったニューヨークでした。

私、ニューヨークに行くまで会社立てようなんて思ってもいなかったんですよ。作っても再来年くらいかなーって。。だってこのサイトのタイトルも「海外フリーランスのはじめ方」だし。

めっちゃフリーランスって書いてるし。「パリで女社長」とかに変えなきゃ(笑)まさかのサイト作って3ヶ月でタイトル変更(笑!)

しばらくはのんびり個人事業主でやらしてもらお、と思っていたんですが、ノリでニューヨークに行ったことによって、ほとんど勢いで会社を立てることになりました。(笑)

それを、ここに記録したいと思います。

続きを読む

ネットビジネスが教育の概念を変える

こんにちは。

フリーランスになってから3年、主にバイヤー、ライターなどネットビジネスで生計を立てています。

ライター、バイヤー活動したり、コミュニティに入ったりしている中で、気づいたら周りもネットビジネスをしてる仲間が大半な環境になりました。

私の周りだけでなく、いまネットを使ったビジネスが数年前から比べても確実に盛り上がっています。

やれることが無限だし、いろんな制約がないから可能性がある。

続きを読む

海外ノマドで、日本の事業をフリーランスですること

仏みたいに優しい経営者から説教を受けた話です。

わたくし先日、いつも優しくて仏みたいな経営大先輩社長の紳士に、
「甘々プランやな」「はよ相談せんかいな」「説教やな」の三本柱を1日で言わしめました、ありがとうございます。

仏を本気にさせて、大人になったわ・・・(?)

続きを読む