日本人のファッションの傾向は圧倒的に◯◯。中国人の趣味と全然違う理由【BUYMA海外買付】

冬物戦争が落ち着き、店員のゲッソリ顔も見ることが減ったサントノレ通り。1月までは本当にみんな忙しそうだったね、、。

今は旧正月なので、パリ屈指のブランド街サントノレ通りにも、こんな飾りつけがありました。

あけましておめでとう!

旧正月あけおめでとう

中国の方向けにレッドベースの商品も限定販売されていたりしていましたね。

お正月旅行で家族できている人も結構お見かけします。

でもそれと同じく、パリの街に日本人の旅行客がめっちゃ多い!!!なんで?卒業シーズンだからでしょうか。

閑散期に店員さんとの絆を深めて、在庫確保率をあげる

冬の戦争からは少し元気になった店員さんとおしゃべりして、入荷情報や人気のものを聞いたり。

BUYMA市場もちょっと落ち着くけど、閑散期ニッパチの、今だからできることをやっています。

BUYMAで海外買い付けもやっている人は、もし自分が日本在住で海外のお店にいけなくても、買い付けの外注さんに重要性を説明してやってもらうといいですね。

在庫確保率変わります。(笑)

日本人の好きなファッションの傾向

日本人が好きなカラーやデザインは、他の国の方々とまた毛色が違っていて、聞いていると面白いです。

圧倒的に、無難なデザイン、また無難なカラーや素材が人気です。

すっごく偏っているそう。

中国の歴史を紐解けば、ファッションがわかることもある

例えば中国人は、てかてかツルツルな素材とか(日本はそこまで人気ない)、派手カラーが人気です。

中国共産主義の歴史が長く続いていて、人民服だったためファッションを選べない時代が長かったそうです。

最近洋服を自由に選べるようになって。そしてさらに最近世界の富が割と中国に流れていて、ブランドものを買えるようになったので、流行や感覚はそのヒストリーを踏まえて認識すると「なるほど」と思うようになります。

いろんな国で買い付けしているなら、こういう他の国の人たちのヒストリーや趣味を把握すると在庫の確保の道が一層見えやすくなりますね。

てか、ファッションはヒストリーとか国の状況とかが結構反映されますよね。

(ブランド店舗の商談ルームです。)

 

【ご連絡】今後、お友だちからの「これ買って!」の依頼はできかねます。

パリでバイヤーをやっていることから、お知り合いや友人の方から、よくブランド品を買って欲しいと頼んで頂きます。

役に立てると嬉しくて、去年までバンバンお受けしていたのですが、あまりにも増えてきたこと、また、様々な理由で今後お受けすることができかねることをお知らせします。

一番の理由は、何かあった時に交友関係にヒビが入る可能性があるのがいやだからです。皆様との交友関係を最優先にしたいからです。

一応理由を全て明記しますと、

・国際発送のため、万が一の郵便事故のリスクは0パーセントではない。ビジネスとしてお受けしないとその保障が取れない。

・頼んだものとイメージが違うかも、ってなった時に返品ができない。

・「違うものを頼んでしまった!」ってなっても買い付けしていたら引き返せない。

・なんかあった時に気まずくなるのが本当にいや

・私のクレジットカードの買い付けの枠が減るので、ビジネスに支障が出る。

サービス(ビジネス)として、きちんと責任の所在を決めた上でお受けすることは可能ですが、第一バイヤーとしての私の安くないサービス料をお知り合いの方から取るのがあまり気乗りがしないです。安くない理由は、ビジネスでやっているのと同じ値段にしないと、その分クレジットカードの買い付け枠を使っているのでその分買えなくなり、売り上げが減り、ビジネスに支障が出るからです。

どーーーーしても、という方はご相談くださればと思います。

お友だちに買うのは、好きだったんですけどね、、。これ似合うかな〜とか考えることがけっこう楽しいので。でもちょっと上記の理由で物理的に限界がきたので、、残念です。

(工事中の寺院に広告ドーーーン。どこでもスペースな発想。)

ではまたね^^

パリの日曜ビオ・マルシェでの食材買い物

寒いけれど晴れた日曜日。

日曜日にはいつもしたいことがあるんです。でも、ずーっとできてなくて。

それは、街のそこかしこで広げられるマルシェに行くこと。

なぜずっとできていないかというと、朝起きれないから。。(笑)

どこのマルシェも、だいたいスタートは朝の9じから。終わりは一応15じくらいまでやっているけれど、13時を過ぎたらわりと食材がなくなってきている印象。

だから11時くらいまでには行きたいんだよね。

で、それが何ヶ月も続いてるから、意を決して早起きしてみました。。

早起きができないのがフリーランスのデメリットかな。。(みんなじゃないと思うけれど、フリーランス系の人たちとのLINEグループはかなりの夜更けにやりとりが活発になるからだいたいそうなんじゃないかと思ってる。(笑))

今回訪れたのは、メトロ12番線Rennes駅地上すぐの

「Marché spécialisé biologique Raspail」。

ビオのマルシェです。ビオって有機農産物のこと。オーガニック食材だから、手間暇かけられていて、基本的には流通も新鮮さを保てられるようにされている。だから、お値段も相場よりはちょっとはる。

フランスでビオはすごい流行っている印象。ビオのスーパーマーケットもたくさんあります。

フランスに来て、野菜が甘くて美味しくてびっくりしたんだよね。あとお肉も美味しい。魚は日本の方が良さそう。それでさらにビオってやばそう。

それで新鮮なルートで取り扱っていると言われるマルシェで買える。最強です。

食の知識は本当にないので、一般人の感想として読んでください。

フランスに来てから、料理もまあまあするようになりました。会社員時代に比べたら///

時間がないのもあったけれど、会社員時代は家の前のライフ(スーパーの名前)の惣菜しか食べてなかったからね。。(笑)

今回のマルシェの住所乗せておくね。

☆Marché spécialisé biologique Raspail

Bd Raspail entre les rues du
Cherche-Midi et de Rennes 75006 Paris

マルシェの長さは500mくらい。買い物するのに疲れない長さで、ちょうどよかったです。野菜・肉・チーズなどの店舗がバランスよく配置されてました。多分、どんな分野のものをどれくらい置く、とか調整されているんだと思う。

選択肢が多すぎたら結局人は買わない、と言う心理をよくわかっていらっしゃる。。(考えすぎ?)

その場で食べられるクレープやマフィンも売っているから、朝ごはんをここで食べるのもイケてるかと思います。シードルもセットで売っているので、朝から酔いどれにもなれます。

私はこのあと仕事したかったので、クレープだけオーダーしました。

色とりどりの野菜が売られています。包装されて無造作だから写真映えがしますね。

こういうの見てたら、日本の個包装文化はそこまでいらないかなって思います。時々帰国したら、1・2日目は慣れなくてギョッとしてしまう。ナイロンの多さに。

多分潔癖の人は無理かもだけれど、、フランスは、なんか、、、菌と共に生きてる。(爆) 排除って感じじゃないかも。ただ、衛生面のレベルが低いのだとも思うけれど、そういう発想になれば受け入れられるかな。

海鮮もあるよ。

2割くらいですが、衣類のマルシェもあります。

ビオのブーランジェリー(パン屋)。

牡蠣の量り売りもあります。

ビオのソープもありますね。どこでも買えない価値がつくから、お土産にも喜ばれそう。

 

チーズもめっちゃ種類があります。フランスに来た時、スーパーのチーズコーナーの広さに驚いた。

お花も売ってる。よく花を持って歩いている男性を街で見かけます。ダンディなメンズから、おじいさんまで。素敵だな〜って思う。花が生活に身近にあるよね。私もフランスに来てから花をたまに買うようになったよ。

フランスは日本に比べたらお花が安いよ。

マフィンも超美味しい。

スープもあります。ちょっと小銭が足りなくて買えなかった・・。(笑)

マルシェは、カード払いできるお店もあれば、現金のみ取り扱いのお店もあります。

 

 

震えながら買い物に付き添っている犬もいました。

バナナ3.7ユーロだったよ。高いよね。買ったけれど。味は普通のバナナと何が違うかわからない。

手前のくるみは、よく家の机とかにカゴ盛りで置かれてる。お酒のつまみで食べたりするよ。

30分くらいでぐるっと回れました^^もしパリに来たら、マルシェで地元感を味わうのもいいと思います。

また別のマルシェ行ったらレポートします!

では、良い週末を!またね〜。

 

フランス・雪のパリ 5年ぶり積雪の記録(写真満載)

パリで雪が降りました。

31年ぶりの記録的大雪だそうで。エッフェル塔が閉鎖したり、渋滞が発生したりしているようです。

逆に、こんなに雪降らないんだね、パリって。

チュルリー公園から見た景色。公園は雪のため閉鎖されていましたが、美しい公園を見にたくさんの観光客が訪れていました。

観光客に混ざり、割と同じテンションでいたので、いつも話しかけられないのに観光客に話しかけられました。同胞と思われたよう。

フォトジェニックおしゃれKENZO。氷麗(つらら)って美しいです。いろんなところの看板やブランドロゴがいつもと違う顔になっていました。ファッショナブルさに、プラスα神聖な雰囲気がまとわれていて、面白い。

緯度で考えると、パリは北海道よりも北に位置するところ。冬の冷え込みは厳しいと思われがちですが、私がいた去年と、今年の冬は比較的暖冬だったようで。

今回みたいに積もった雪を見たのは、はじめて!5年ぶりだそうです。

雪を降ってるのを見たのも1,2回だけかな。私が寝てて見てないだけかもしれないけど。。(笑)

ちょっと、、テンションが上がりすぎて、、なかなか見ることのできない雪の中のパリを見るために用もないのにバスに乗り、パリの街を徘徊しちゃったので(笑)せっかくだから今回は写真をいっぱい貼ってお届けしたいと思います。

雪が降っていることに気づいて、街がどんな顔をしているかみたい衝動に駆られ、無理やり用事を作ってお出かけしました。道すがらに通ったリュクサンブール公園。朝のしんしんと冷える空気が、幻想的な雰囲気を高めていて、しびれました。

なんだか別の国にきたみたいだった!

まだまだ奥深いパリを知らないながらも、街を歩くことがルーティンワークになってしまっていたので、新鮮な気持ちになれました。やっぱり好きだなー。

素敵すぎたので、1日に2回行ったんですが(笑)、気温が低かった方が神聖な感じがしました。気温って感情とリンクするのね。。

リュクサンブール公園内の建物のなにか。(ごめんなさいわからない)

雪を触りたくって塀を登るこども。ずっとパパに一緒に塀に登ろう!と誘っていてかわいかった。(パパはこの写真を撮る直前まで、率先して登っていた。)

リュクサンブール公園近くの、サンシュルピス教会の前の噴水。

歴史ある街6区のシンボル、サンジェルマン教会です。高い建物は積もっている側面があまり見えないけれど、教会前の雪が積もった木々が、白を保っています。

今日は役割を果たすことができない標識が、いい味出してる。

ルーブル美術館前の橋。大人小公子っぽい切なさがあります。

ルーブル美術館敷地内に、これから入るところの門。

セーヌ川の増水が止まらない。

水位5メートルを超えてるそう。もうすぐ溢れちゃうかも。お隣ルーブルやオルセー美術館の美術作品大丈夫かな。

ルーブル美術館前まで来たよ。雪解けしてきていて、この時もうブーツがびしょびしょで、若干気持ちが帰宅に向かってます。。(笑)

こんなに雪のために街を徘徊して楽しんでいる大人は私だけだろうか、、と思ってたんですが(無職感すごい)、いました。けっこう。

雪玉作って丸めながら歩いている大人けっこういた。(笑)面白い。

この人たちの他にも、一眼レフ持って出かけている人多くって、めっちゃ楽しんでいる人多いな〜って印象。自分が会社とかに行ってないから、そういう人が目につきやすいのはそうだろうけれど、こんなにいるんだー。って思った。

 

そうそう、これを見たかった!大好きなエッフェル塔。純白がさらにエッフェル様を、映えさせてる!

 

楽しくなってきたので若干もう雪関係なしで、街散策しました。まだ行ってない素敵な店が多すぎる。

 

この写真は、もう完全に雪関係ないですね。

これは、ラルフローレンのアパレル店舗と、あと奥にはカフェ・レストランがあります。チキンだから中にはまだ行ったことないけれど、入り口を覗くだけでも雰囲気の作り込みがしっかりしていて、素敵です。ここまで人をときめかせる世界観の発想ができるなんてすごいなー。。って思います。近々行ってみたい。

今日はパリを写真で紹介しました。ではまたね。

ビザ移民局OFIIの健康診断に行った話(フランス・パリビザ滞在許可証有効化)

今日は初OFII(オフィ)に行ってきました。OFIIは移民局のことで、ビザを取得してこっちに来てから、滞在のためにいろいろ手続きしないといけないとこ。

ワーキングホリデービザはOFII行きマストではない

ちなみに去年はわたしはワーキングホリデービザだったので、OFIIには行ったことがありませんでした。ワーホリビザは、OFIIに来ることが必須ではないので。それでもフランスで就労したら、OFIIに行くべきって噂もありますが、友だちが行ったら、 続きを読む

フランスでの風邪対策-薬、フルーツジュースでの治し方-

1月のパリは雨が多いですね。このところセーヌ川が増水していて。

本来川沿いには小道があるんだけど、全部、ない。(笑)

去年のいつかは雨が降りすぎて、ルーブル美術館地下の絵画が避難させられていましたが、大変だっただろうな。今年はそこまでいかないといいんだけど。

こんな時さえなんだか情緒を感じられるくらい、パリは雨も曇りも似合うから嫌いではないです。

続きを読む

バンタンデザイン研究所で、遠隔Skypeバイヤー特別講師をやってみる。

日本にいたうちの約2週間東京にいたんですが、ノマド的バイヤー仕事の他に、打ち合わせもいくつかしていました。

そのうちの一つの打ち合わせで訪れたのは、恵比寿にあるバンタンデザイン研究所。

専門学校の先生からオファーがきた!

私のこのサイトを見て、こちらのファッション専門学校の先生から、バイヤーとしての特別講師の依頼がきていたのでした。それがきっかけ。

続きを読む

ニューヨークで決断して、この度会社を設立しました。

いつの間にやら新年ですね。

あけましておめでとうございます!

パリから一時帰国しているんですが、

この度、株式会社を設立しました!!

きっかけは、10月末に行ったニューヨークでした。

私、ニューヨークに行くまで会社立てようなんて思ってもいなかったんですよ。作っても再来年くらいかなーって。。だってこのサイトのタイトルも「海外フリーランスのはじめ方」だし。

めっちゃフリーランスって書いてるし。「パリで女社長」とかに変えなきゃ(笑)まさかのサイト作って3ヶ月でタイトル変更(笑!)

しばらくはのんびり個人事業主でやらしてもらお、と思っていたんですが、ノリでニューヨークに行ったことによって、ほとんど勢いで会社を立てることになりました。(笑)

それを、ここに記録したいと思います。

続きを読む

フランス式 誕生日パーティーに参加

先日、フランス人の友だちの誕生日パーティーに参加してきました。

フランスに来てから、だれかしらの誕生日パーティーによく参加しています。回数は忘れたけれど、けっこう行ってると思うな。

フランス式誕生日パーティーは、ちょっと日本の誕生日パーティー、お祝いする飲み会とは雰囲気が違います。

フランス式は誕生日の本人がぜーんぶやる

フランス式は、

・本人が開催する
・本人が料理とか飾り付けとか、めちゃ準備する
・本人がみんなを誘う
・本人がみんなをおもてなししたり、料理を取り分けたりする

です。(笑)
本人めちゃ頑張る。

わたしも自分の誕生日会をフランスでやったことありますが、準備とおもてなしがめちゃ忙しかった。

知らない人も誕生日パーティーに来る

そして友だちの友だちとか、知らない人も普通に来ます。

だから自分のパーティーの時も、知らない人がめちゃいた。笑
友だち多い子が「Can I bring  my  friends?」って言って、8人くらい連れてきたから(笑)
家がパンパンになったけど楽しかったよ。

今回わたしが行ったのも、友だちの誕生日パーティーと冒頭で言ってますが、正確には友だちの友だちです。

だから行くまで、誰のパーティーなのか、その人は男なのか女なのか、知らなかった。

しかも私は連れて行ってくれる友達しか知らなかったんだけれど、その子が遅れるって連絡がきて、1人で行った。

「私の友達って言ってくれたらいいから!」と言われたので、そのまま潜入。しかもきてた人は私以外全員フランス人だったし・・・。この国に来てからハート強なったな・・・。

誕生日パーティーって私の経験上おうちでやることが多いですが、今回はこんな感じ。バーでやりました。どこまでが仲間うちなのか、全然わからない。(笑)

誕生日パーティーに参加する時は、ワイン持参が通例

家でやる時は、本人がめっちゃ料理をつくってくれることが多いので、ワインを手土産に持っていくことが多いです。

だからパーティーをやったあとは、家がワインボトルだらけになるよ・・・。

めっちゃ仲の良い友達だったらプレゼントをあげるかも。

今回は友だちも何も持っていかないとのことだったので、私も何も持っていきませんでした。

そして、まあまあ寒いけれど外でしゃべるしゃべる。

3ヶ国語話せるのがスタンダードなヨーロッパ→なぜ?

南アフリカの人たちとは、今まであんまり話したことなかったんだけれど、今回のパーティーではいろいろお話しました。

北アフリカ出身の友だちは何人かいるけれど、本人たち曰くけっこう違うらしい。

南アフリカのある国では、国の人口が5,000万人だけれど、民族は200以上あるらしい。それぞれ話す言語も違うって。

日本は人口のうち日本人がほとんどで、みんな日本語だけで会話するよ。と言ったら驚いていた。

ヨーロッパに来てから、3ヶ国語話せて普通な状況を目の当たりにしています。

4ヵ国語目からが「おお、すごいな・・・!」ってなる感じ。

ヨーロッパに来て思ったけれど、それ単純にすごいって思う気持ちもあるし、一方で、それだけ話さなければいけない状況なんだとも思う。

例えばセネガルで生まれて、セネガルでは現地の言葉と、昔統治していたフランスの言葉であるフランス語を話す。そして、セネガルでは雇用や教育が強くないので、フランスに来て大学に行き、就職をする。(フランスはセネガル人多い。)フランスでの授業は英語の授業もあったり、就職は英語もできた方がいいケースも多い。加えて、いろんな国の人がいるから英語も話す機会が多いため、英語も話す。こういう流れで、3ヵ国語話さないといけない状況だから、話せると思うんです。

カメルーンは、イギリスが統治していたエリアと、フランスが統治していたエリアがあるので、どこに生まれるかによって、話す第二言語が英語になるかフランス語になるか変わる。

日本語だけで生活や経済が完結するって、国が強い証拠でもあると思う。だから、日本語だけで暮らせることを、誇りに思ってもいいと思う。

そんなことを思いながら、パーティー後にお腹がすき、深夜1時にクレープを食べたのでした。(これよくやる)

ではまたね。

フランスと日本の会話の仕方の違い

こんばんは。

パリに戻ってきていつの間にか2週間も経ちました。上の階の人の足音が大きめです。巨人か、200kgくらいの方が住んでいると思います。それで寝れないので、ちょっとホームシック・・。

フランスと日本の違いについては日々いろいろと感じているのですが、今日はフランスと日本の議論の仕方の違いについて、書いてみたいです。タイトルに議論って書いたら読んでもらう人が減りそうだから「会話」というワードをチョイスしました。せめてもの抵抗・・・。

続きを読む